• English
  • Nederlands
  • Español

News

Why choose for less?

B&T Financialsが選ばれる理由 税務申告をサポートするブックキーパーや会計士は数多くいる中で、なぜ私たちB&T Financialsが選ばれるのでしょうか?その理由はとてもシンプルです。私たちが提供するサービスは次の点で他から抜き出ており、お客様のご好評を頂いているためです。 ・お客様のご負担にならないよう簡単でアプローチしやすい税務申告の方法を採用しています。 ・インボイスを印刷してご自身で整理したり、アカウンタント用に書類を作る手間をなくしています。 ・whatsappや電子メールを利用して、ペーパーレスでやり取りをして頂けます。 ・平日の日中はもちろん、夜間や休日も含めてお客様からのご質問などにすぐに対応できるような体制を整えています。 写真を撮るだけの税務申告 お客様のご都合のよい時にレシートなどの写真を私たちにお送り頂くだけで税務申告が完了します。もし追加で説明が必要な事項がありましたらそれもお忘れなく。関係書類のご提出は24時間・365日受け付けています。 税務に関する質問もお任せください ビジネスを行う上で税に関する疑問が出てくることは何度もあります。例えば「ドイツの顧客にインボイスを送るのにVATをつけた方がいいか?」といったものです。このような時にも私たちにぜひご連絡ください。whatsappや電子メールで頂いたご質問は通常1 日以内、可能な時はすぐにでもご返答いたします。私たちはお客様のビジネスが円滑に進むことを可能にするため、できる限り早いレスポンスを行っています。 お問い合わせや初回ミーティングのお申し込み 担当者までどうぞお気軽にお問い合わせください(whatsappのメッセージも対応可)。 Thomas: +316-14454363 Driss: +316-22183434 電子メール:...

Read More

Why choose for less ?

As a friend asked me already a while ago “why would I as a customer choose your company B&T Financials as my accountant?” Of course he was right; why would a customer choose us? There are hundreds perhaps thousands of qualified bookkeepers and accountants that could help you as company owner but why should he choose you, or in this specific matter B&T Financials? The answer besides being qualified is simple: Best Service! This starts with our unique easy approachable method and opening hours which are a proven success with our customers. No carrying paperwork to your accountant, no more printing out your invoices. B&T Financials works completely paperless with whatsapp and email. In your own time and space you send all relevant receipts. Picture it = Declare it! Just make a picture of your receipts and send them to B&T Financials. All the same with your financial documents which you would like to be explained Anytime of the day! Plus this whatsapp group has more to offer; your own Financial and Fiscal Advisor, close to 20 hours a day, 7 days a week. “Do I need to put VAT/BTW on my invoice to my client in Germany?” Ask your advisors at B&T Financials in the whatsapp group, or email of course and receive your answer within 1 day maximum, but most of the time quite directly. Because we care about your business and your finance. That is what we call Best Service! Don’t take my word for it, let our current clients convince you about our Best Service guarantee and do not hesitate to contact us today: App us for a face-to-face meeting: Thomas: +316-14454363 Driss: +316-22183434 Or send us an email:...

Read More

The 3 P’s plus 1 as a freelance Artist!

The 3 P’s plus 1 as a freelance Artist! There are many lists of “Do’s and Don’ts”, “10 things you must do” or “Tips and Tricks” when you start as a freelancer. To be honest most of them have useful tips and reminders for the starting entrepreneurs under us, but none of them have touched the core of being self-employed so much as the 3 P’s plus 1. With every project, contract or assignment consider the existence of how many P’s will accumulate in this job. At least one P has to be fulfilled, but to achieve the Plus 1 you need the first 3 P’s. Payment – Get paid for jobs! You are a professional, you have a special talent which has been polished by education. In other words you are a professional, and you want and demand that you get paid properly for a contract, project or gig. By not getting and demanding the right payment, your signal to your client will be; “im indeed not worth more than this”. Prestige – It is not hard to imagine that a gig or a performance on national television or radio will give you a lot of exposure and free publicity. So a performance that will be seen in the media, could mean a lot for your future as an artist. Also as an artist, whether you are a modern dancer, a musician or painter, make sure to have your internal prestige. Give your best and be proud of your achievements. Pleasure – Make sure you have fun and pleasure in the projects you do. If you get the chance to do something that you have always dreamt of doing but the job is not giving you any, or low payment and no prestige, think that having a great time is tenfold better then doing something you hate. Professional – Except that being a professional is a attitude that fits an artist who is performing the Plus 1 P it will automatically be achieved when the first 3 P’s conditions are met. Anytime and every time you are offered a contract or a gig or remember to hold the job against the light of the 3 P’s plus 1...

Read More

Freelance Artist as a business in The Netherlands; Helpful Tips!

Do not miss out on an interesting chance to settle as a freelance artist in The Netherlands, I would nearly tend to say. Although it sounds like a cheap advertorial, the bottom line due to an interesting treaty between Japan and The Netherlands plus a favorable fiscal climate for start-ups, is not far from the truth. Except as the above favorable fiscal climate such as tax breaks for starting companies, the so called “self-employed deduction” and “small business tax-break” and even an interesting VAT deduction for small companies, the start-up of a company, as a musician or artist needs a funded preparation. Consider the risks versus rewards, and remember to define your own success. Take the time to write a good business plan. Just “starting” and see how it goes will probably fail on points you could have avoided if you prepared better. Think of a company name! Although a lot of freelancers take their original name as a company name, its not obligated. Also keep in mind that an own business is time consuming and can be stressful at times. Keep track of all your time working in your own business. Also of the preparation time before you officially opened your business. To be recognized as a business you need to be working at least 1225 hours in your business. This includes doing your paperwork, buying essential products etc. Do pay taxes. Dutch tax agencies assess heavy penalties for late payments. Therefor do work with professionals; bookkeeping company, fiscal experts, lawyers etc. Save all receipts! All the costs that are work related are deductible, and some in ratio depending how much you use it privately and for your business. For example your telephone costs. Take the time and effort to learn about the Dutch culture and habits. Get yourself connected with local organizations, music or artist collectives, let yourself be known out there. T.F. Thomasse Co-owner of B&T Financials; Your partner in Finance  ...

Read More

日本人に認められた特権。日蘭条約を活用した「オランダ起業」のメリット

これまで2回にわたりオランダの魅力やオランダで就職する場合のコツなどをお伝えしてきました。最終回である今回は「オランダでの起業」について触れていきます。 さて、ヨーロッパあるいは海外で自分のビジネスを始めてみたいと思われている方にとって、オランダは大変魅力的な場所です。通常、海外で起業する場合、最低の出資額が非常に高額だったり、現地の雇用を生み出すことが期待されていたり、あるいは事業の収益性や起業家個人の経歴などに基づいて事業計画を審査する厳格なポイントシステムなどがあったりすることが多いです。 オランダでも通常はポイントシステムによって長期滞在の可否が判断されます。ただし、日本国籍保有者がオランダで起業する際にはこのポイントシステムが適用されないという特権が付与されています。この特権は日本国籍保有者の場合、1912年に締結された日蘭通商航海条約(The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)に基づいています。 日蘭通商航海条約による有利な制度を使って個人事業主やフリーランスとしてオランダに渡航する日本人はこれまでも少なくありませんでした。オランダでは最初からしっかりとした会社組織を作って起業することもできますが、小さく事業を始めて育てていくというやり方を選ぶこともできます。 前回の記事「リクルーターに聞いた現地就職の可能性を高めるコツ」では雇用契約を基にオランダで居住許可を得ていく方法について触れましたが、このルートは「雇用主」が必要なため、オランダの経済情勢や求人状況などの外的な影響を受けます。 今回ご紹介するのは自分で事業を作り出すことでオランダに長期滞在する方法です。まず、移民法や税金の専門家からの情報を交えながら説明します。   オランダで忘れ去られていた100年前の条約 さて、本題に入る前に1人のオランダ人移民弁護士ステファン・ルーロフス氏を紹介したいと思います。彼は、「日蘭通商航海条約を復活させた弁護士」として知られ、彼の着想がなければ日蘭通商航海条約を利用した個人事業主としての起業のルートは確立されていなかったかもしれません。 日蘭通商航海条約は100年以上前に締結された条約で、実際は長い間忘れ去られていました。そこに一石を投じたのが、ルーロフス弁護士が2004年に発表した論文です。論文の主旨は次のようなものでした。 「日蘭通商航海条約に規定されている最恵国待遇とアメリカ・オランダ間で締結された友好条約(アメリカ人のオランダでの起業・滞在を容易としたもの)を組み合わせれば、日本人にもアメリカ人と同等の権利が与えられえるべきではないか」 ただ、この論文の発表時には他の弁護士からは実現可能性はないと指摘されたそうです。しかし、ルーロフス弁護士はこの主張に基づき、日本人の個人事業主の滞在をめぐって2008年まで裁判を行い、最終的にはルーロフス弁護士の主張が判例として確定し、移民局も制度として取り入れるようになったという訳です。現在では、ルーロフス弁護士が支援するだけでも年間50人程度の日本人個人事業主がオランダに来て事業を行っています。 オランダのいいところは「人々のフレンドリーさ」、「きれいな水や空気」、「社会の雰囲気」とルーロフス弁護士。移住先としてのオランダは「試す価値がある」とのこと。 今回、そんな日蘭通商航海条約の運用に詳しいルーロフス弁護士に、オランダで個人事業主として居住許可を得るメリットを教えてもらいました。 選べる選択肢の多さ 日蘭通商航海条約に基づいた居住許可は基本的には幅広い事業に対して認められます。翻訳や通訳、コンサルタント、物品輸出入、クリエティブ関連、音楽ビジネス、音楽家、アーティスト、IT関係、飲食業、美容サロン、スポーツ関連など広い分野で可能です。ただし、医者や弁護士、公証人、建築士などオランダ国内で資格の登録制度がある職種についてはその資格を得ずに個人事業のビジネスプランを作っても居住が許可されないそうです。 比較的少額な資本金 個人事業や有限会社で居住許可を申請する場合、4500ユーロ(日本円にして約60万円、2015年7月現在のレートで1ユーロ=約135円)以上を自らの事業に資本金として投資することが日蘭通商航海条約の適用条件の1つとなっています。諸外国の制度と比べるとこの額が比較的少額であることに加え、出資金については居住許可が認められた後には自分の事業に用いることもできるのがオランダの制度的な利点です。なお、株式会社等を設立して居住許可を得る場合は、別の出資条件が適用されます。 家族の同伴が最初から可能 オランダの移民制度では、家族を呼び寄せる際には収入面の審査があります。日蘭通商航海条約は家族の再会を保証しているため、婚姻関係にあるパートナーや子どもを個人事業主としての居住許可申請段階から含めたり、後から呼び寄せたりすることができます(収入面の基準は適用されません)。この場合、申請者となる日本人と結婚したのが外国籍の方であっても日蘭通商航海条約に基づいた手続きに含めることができるそうです。 手厚い個人事業主の優遇策 ここまでは移民法関連のメリットをまとめてきたのですが、個人事業主に対しては税的なメリットもあります。オランダでは経済発展や雇用の確保のために中小の事業者を支援する体制が整っており、日本人の個人事業主もそうした税の優遇策を享受することができます。 個人事業主としてオランダ商工会議所で事業を登録すると税番号も交付され、税務署(Belastingdienst)からの各種通知が送られてくるようになります。 少し例を挙げて紹介してみたいと思います。以下の例はアムステルダムとロッテルダムに拠点を置くB&T Financialsという簿記を行う会社から資料の提供を受けました(実話に基づいていますが、登場する人物の名前と収入額は変更してあります)。 ダンサーとしてオランダで個人事業を行い始めたエミリー。起業したその年から複数の契約が取れ、順調に事業が動き出していたある日のこと、税務署から1通の手紙が届きました。それは所得税の申告に関する通知であり、気になったエミリーが税についてインターネットで調べ始めてみると収入の40%以上を税金として支払う必要があると分かり愕然としました。 オランダの場合、個人の所得税は所得額に応じて設定されており、64歳までの場合は36.5~52%の累進税率です(所得税と同時に徴収される社会保障費を含めた数字です)。エミリーはこの区分を見て自分の税額を見積りました。この数字は一見するとかなり高い割合に見えますが、個人事業主に対する税の軽減措置が適用されるとどうなるのでしょうか。 驚いたエミリーはB&T Financialsに相談しました。そこで伝えられたのがスモールビジネスに対する複数の税的メリットです。彼女の1年間の収入額はもともと28800ユーロ(約390万円)でしたが、そこから必要経費を引いた額からさらに以下の控除が利用可能でした。 ・フルタイムの個人事業主に適用される控除 ・起業のスターターとしての控除 ・会社の資産に投資をしたことに対する控除 ・中小企業向けの控除 また、スモールビジネスを対象とした付加価値税(VAT)の還付も受けることができたため、エミリーの場合の納税額は当初自分で見積もった数千ユーロではなく結果的に数百ユーロにまで下がったのです(これは、あくまでエミリーの場合の例であり、実際の税額及び控除額は個人の状況によって変わります)。 状況によって税の控除が適用されるか否かは異なるため、上記の例は1つの例としてご覧いただき、実際の納税額は税の専門家などにご確認いただきたいのですが、スモールビジネスに対する税制上の優遇策はこのように手厚くなっています。 なお、この制度はあくまで現時点のものです。オランダの国政レベルでは、行政サービスにかかるコストの方が個人事業主の納税額よりも大きいので見直すべきだという議論や、政府の想定以上に個人事業主が増えているのでブレーキをかけるべきだという議論が出ています。したがって、今後の状況によっては制度が変わっていく可能性もありますが、現在のところは個人事業主を取り巻く税環境は優遇されていると言えます。 オランダでは現在、約80万人がフリーランスや個人事業主として働いており、今後も伸びていく見込みとなっている。 ここまで触れてきたように、居住許可の取得という意味で、オランダで日本人が起業するハードルは低くなっています。また、国を挙げて中小のビジネスに対する税の優遇策が取られていることもオランダで事業を行うメリットです。事業収益を挙げながら生活をしていくことについて不安があるかもしれませんが、オランダの生活費は一般的に言ってロンドンやパリなどよりは安く、ドイツの諸都市よりは少し高いといったところです。 握手から始めよう 日蘭通商航海条約の存在によって日本人が起業・就労しやすい国、オランダ。今回まで3回にわたってオランダの魅力や就労・起業に関する情報をお伝えしてきました。 オランダの魅力の1つは緩和された居住許可取得条件ですが、それは単なる入口でしかありません。オランダでどのような人と出会いどういった経験をするかで、オランダ生活がより魅力的なものにも、あるいはそうではないものにもなり得ると思います。 幸いオランダの社会は概してフラットであり、ネットワークを作ろうとする人に寛容です。1年前まではオランダに縁もゆかりもなかった私自身が今こうしてオランダをご紹介できるのも、さまざまなところで出会ったオランダの人々や現地の日本人コミュニティーとのつながりがあってこそだと思います。これは何も私に限ったことではなく、他の日本人の個人事業主もそれぞれの分野で積極的に人とつながって独自のネットワークを築いています。 オランダ移住から3カ月を過ぎた頃に知り合ったB&T Financialsのトーマス(左)とドリス(右)。ローカルなネットワークができていくことでオランダ社会への帰属感が飛躍的に高まった。 最後にオランダの文化を1つご紹介したいと思います。 日本では誰かにあった時・別れる時にお辞儀をするように、オランダ社会では最初と最後に握手を交わします。例えば小学生のわが子は、登校時と下校時に先生と握手をして1日を始め1日を終えます。これはビジネスのミーティングの時なども同じです。 オランダの人々はいったん顔を合わせてお互いの人となりがわかった後は、義理堅く親身になってくれることが多いです。オランダで手を差し伸べられたらその手をしっかりとつかみ、あるいは自分から先に手を差し出すことから始めて、オランダ社会とのさまざまなつながりをぜひ作ってみてください。そのつながりから得られるオランダでの経験は、総じて悪くないものになるはずです。...

Read More

Starting your own Business in The Netherlands!

Starting your own Business in The Netherlands If you would rather set up your own business, instead of finding a job then the Netherlands is a great place to consider being your own boss.The international outlook of the people and businesses in the country mean that it is an ideal place to setup a business.   Official issues There are a number of steps and decisions you must take before you can start your own business: › First of all, you need to make sure that you will be allowed to stay in Netherlands to maintain your business. If you come from outside of the European Union, this means that you will need a residence permit (MVV). › In some cases you may also need to apply for a work permit (TWV). › There are a number of professions in the Netherlands which are regulated. That is, you must have a recognised qualification in order to set up a business within that sector. › Once you have this then you will need to register with your local municipality and organise a BSN number (burgerservicenummer) for yourself.  Legal forms Now that you know you are able to set up your business in the Netherlands, it is time for you to decide which type of business you would like to set-up. Perhaps you would like to become a freelancer (ZZP)? Or maybe you would like to enter into a partnership? Or perhaps you would like to be the sole trader involved? These are just a few of the forms which your business can take, and each structure has different regulations and may require a special legal forms.  KvK (Kamer van Koophandel) When you have decided on the type of business you would like to start, then you need to have it registered with the KvK (Kamer van Koophandel), the Dutch Chamber of Commerce. Registration is possible anywhere from one week before you start doing business to one week after you have started. Before you arrive you should have come up with a trade or company name for your business which is unique within the Netherlands. You can check with the Benelux Office for Intellectual Property to make sure your business name has not already been taken....

Read More